{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

〈生活-文脈〉理解のすすめ 他者と生きる日常生活に向けて|宮内 洋・松宮 朝・新藤 慶・打越正行 著【打越正行さん、宮内洋さんサイン入り】

残り2点

2,970円

送料についてはこちら

*宮内洋さん、打越正行さん登壇イベントアーカイブ配信 5/26(日)~6/26(水) 「人が人を理解するとはどういうことか? ──〈生活-文脈〉理解から考える」 (登壇者:宮内洋、打越正行) https://www.unite-books.com/event 生身の身体を伴った,生活する人間を,同じく,生活する人間が理解するとはどういうことか? 地域社会を這いずり回る4人の研究者が,乳幼児期の食(共食の体験),青年期の労働(沖縄のヤンキー),成人期の政治行動(市町村合併),老年期の社会関係(孤独・孤立)をとおして考える。フィールドワークの「原点」へ。 【目次】 まえがき 第1章 乳幼児期の食をとおして考える〈生活-文脈〉理解――〈生活-文脈〉とは何かについて 1.はじめに:ヒトの発達における環境について「狼に育てられた子」から考える 2.食をとおしてみる人間の発達  3.〈生活― 文脈〉とは何か 4.まとめにかえて:なぜいま〈生活― 文脈〉理解が必要となるのか  第2章 青年期の労働をとおして考える〈生活-文脈〉理解――沖縄のヤンキーのフィールドワークから 1.『ヤンキーと地元』で書いたこと 2.戦い方から現実に迫る  3.沖縄の建設業を生きる   4.沖縄のヤンキーの〈生活― 文脈〉理解:長きにわたって奪いつづける関係をもとに 【第2章 補論】 脇の甘いフィールドワーカーがフィールドに巻き込まれた軌跡 1.パシリ気質の父親 2.脇の甘いフィールドワーカー 3.〈生活― 文脈〉理解と、観察者の変化 4.時間をかけて馴染ませる 第3章 成人期の政治行動をとおして考える〈生活-文脈〉理解――市町村合併の事例から 1.はじめに:市町村合併論議と住民の〈生活-文脈〉 2.住民の生活圏と「村の精神」という文脈:鈴木榮太郎の議論 3.農民の日常生活と「生活組織」という文脈:有賀喜左衛門の議論 4.群馬県旧富士見村における市町村合併問題 5.群馬県旧榛名町における市町村合併問題 6.政治グループにみる地域社会における政治行動と〈生活―文脈〉理解 第4章 老年期の孤独・孤立をとおして考える〈生活-文脈〉理解――高齢者の「文脈」なき「生活」理解を超えて 1.はじめに:鎌をめぐる出来事から 2.高齢者の「孤独」・「孤立」をめぐって 3.「文脈」なき「生活モデル」? 4.高齢者の〈生活― 文脈〉理解から 5.さらなる〈生活― 文脈〉理解に基づく福祉実践へ 6.おわりに:「文脈」をふまえた「生活」理解 終 章 〈生活-文脈〉理解の視点から永山則夫の「転職」を再考する 1.はじめに:永山則夫と二冊の本 2.永山則夫の転職 3.永山則夫と虐待 4.トラウマによる〈逃走〉の可能性   5.おわりに:見る人自身の〈生活― 文脈〉 あとがき 【著者】 宮内 洋 松宮 朝 新藤 慶 打越 正行 *版元㏋より

セール中のアイテム