{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Lilith|川野芽生

残り2点

2,200円

送料についてはこちら

第65回現代歌人協会賞受賞!! 第29回歌壇賞を受賞し、幻想小説も発表する著者の鮮烈な第一歌集。 叙情の品格、少女神の孤独。端正な古語をもって紡ぎ出される清新の青。 川野芽生の若さは不思議だ、何度も転生した記憶があるのに違いない。 ──────山尾悠子 【収録歌より】 アヴァロンへアーサー王をいくたびも送る風あり千の叙事詩に 天上に竜ゆるりると老ゆる冬われらに白き鱗(いろくづ)は降る harassとは猟犬をけしかける声 その鹿がつかれはてて死ぬまで ほんたうはひとりでたべて内庭をひとりで去つていつた エヴァは 詩はあなたを花にたぐへて摘みにくる 野を這ふはくらき落陽の指 【著者プロフィール】 川野芽生(かわの・めぐみ) 1991年神奈川県生まれ。2018年、連作「Lilith」にて第29回歌壇賞受賞。別名義にて第3回創元ファンタジイ新人賞最終候補に選出。2020年、第一歌集『Lilith』(書肆侃侃房)刊行。翌年、同歌集にて第65回現代歌人協会賞受賞。小説集に『無垢なる花たちのためのユートピア』(東京創元社、2022年)、『月面文字翻刻一例』(書肆侃侃房、2022年)がある。

セール中のアイテム