{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

エドワード・サイード ある批評家の残響|中井亜佐子

1,870円

送料についてはこちら

*中井亜佐子さん登壇イベントアーカイブ配信* 2/11(日)~3/11(月) 「いまエドワード・サイードを読むということ」 (登壇者:中井亜佐子、河野真太郎) https://www.unite-books.com/event エドワード・サイード没後20年 文学、音楽、パレスチナ問題など分野横断的に論じた批評家、エドワード・サイード。ポストコロニアル批評の先駆者として『オリエンタリズム』などの著作を残した。イスラエルによるガザへの軍事攻撃が激化。いまサイードの著作が読みなおされている。彼にとって、批評とはどのような営為だったのか? 没後20年をむかえた今、その思考の軌跡をたどりつつ、現代社会における批評の意義を問う。 四六判、並製、208ページ 装幀 成原亜美 装画 qp 【著者】中井亜佐子(なかい・あさこ) 1966年生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科教授。専門は英文学。オクスフォード大学博士課程修了(D.Phil.)。著書に、『日常の読書学――ジョゼフ・コンラッド『闇の奥』を読む』(小鳥遊書房、2023年)、『〈わたしたち〉の到来――英語圏モダニズムにおける歴史叙述とマニフェスト』(月曜社、2020年)、『他者の自伝――ポストコロニアル文学を読む』(研究社、2007年)など。翻訳に、ウェンディ・ブラウン『いかにして民主主義は失われていくのか――新自由主義の見えざる攻撃』(みすず書房、2017年)など。 *版元㏋より

セール中のアイテム