{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

脳天にスリッパ|浅生鴨【ステッカー付き】

残り2点

1,100円

送料についてはこちら

*浅生鴨さん登壇イベントアーカイブ 3/24(日)~4/24(水) 「ホントに明るい? 岡本真帆とその歌の話。」 (登壇者:岡本真帆、浅生鴨) https://www.unite-books.com/event 2019年以降に、著者が雑誌やWEBなど各種媒体に寄稿したコラム、評論、エッセイなどと、SNSで発信してきた言葉、日記、書評、映画評などから抜粋したものをまとめた人気の雑文集。『雑文御免』『うっかり失敬』に続く第3弾。第4弾の『ハリセンいっぽん』も同時発売  雑誌やWEB媒体に寄稿したもの、noteに書いていた小文に加えて、そうした日記のような文章や愚痴などは、あまり人目に晒すものではない気もするのだが、ある一時期の記録としてあえて削除せずに載せることにした。自分ができないことへの言いわけやら、世に対する愚痴やらを恥ずかしげもなくつらつらと書いているが、これは一種の「ぼやき芸」として読んでいただければ救われる。  あいかわらず何を書いているのかわからないデタラメなツイートのほか、ずいぶん昔に書いた原稿なども出てきたので、これらも載せることにした。  さて、さすがに今回は一冊で収まるだろうと思っていたのだが、結局のところやっぱり量が多くて収まらず、またしても二冊にわけることになった。 (本文『「はじめに」のような』より) ☆限定:ステッカー付き(枚数限定) 【書誌情報】 出版社:ネコノス 発行:2023年1月 版型:文庫版、288p 【著者】浅生鴨(あそう・かも) 作家、企画者。1971 年、神戸市生まれ。たいていのことは苦手。著書『アグニオン』(新潮社)、『猫たちの色メガネ』(角川書店)、『伴走者』(講談社)、『どこでもない場所』『すべては一度きり』(左右社)、『ぼくらは嘘でつながっている。(ダイヤモンド社』 *版元HPより

セール中のアイテム